アルスラーン戦記第3巻 落日悲歌

  • 2018.01.14 Sunday
  • 13:53

 

JUGEMテーマ:オススメの本

さて、アルスラーン戦記第3巻です。

 

副題は落日悲歌。とにかくアルスラーン戦記は副題がカッコいいですよね。

 

挿し絵も良いですしね。

角川の時は天野喜孝さんでしたが、世界観にとてもあってました。ファイナルファンタジーの絵も書いていましたね。ただ、あの絵はアニメにはできないですよねえ。見てもらったら分かるとおもいますけども。

カッパノベルの挿し絵は丹野忍さんですが、これも世界観にすごく合っていると思います。

 

さて、内容ですがこの巻は隣国シンドゥラとの抗争となります。

パルスはルシタニアに王都を奪われてしまいました。

一方、シンドゥラでは王が昏睡状態で、跡継ぎ王子二人が争っておりました。いやぁ、ありがちですね。(笑)

 

で、この王子の一人ラジェンドラ王子がパルスの混乱に乗じて、ぺシャワール城に攻めこんできます。ちなみにラジェンドラ王子はかなりの浅はか野郎です。

 

ラジェンドラはあっさりとアルスラーン陣営に負けて捕らわれます。パルスとしては王都を奪還するのにシンドゥラにチョカチョカされては迷惑なので、ラジェンドラ王子と同盟を組みます。

 

同盟軍として、シンドゥラのもう一人の王子ガーデーヴィと戦い、もう一歩のところまで追い詰めるのですが、昏睡状態だった王が目を覚まし、休戦となります。

 

王がズバリとどちらかを後継者にすると決めれば、問題解決なのですが、この期に及んでこの王は自分では決められないので、双方から代表者を出して決闘し、勝った方を王にするという、もう自分で責任とりたくないみたいな決定をします。

 

そして、ラジェンドラ陣営からはパルスの戦士の中の戦士と称されるダリューンが、出場し、見事勝利を納め、ラジェンドラが王になります。

 

ラジェンドラに大きな貸しを作ったアルスラーンはラジェンドラに王都を奪還するため部下を少し貸してくれと頼みます。

ラジェンドラは頼まれたよりも、多くの兵士をアルスラーンに貸しますが、これは刺客でした。しかし、ナルサスにあっさりと見破られて、またまた捕らわれてしまいます。

今度こそ同盟を結び、パルスに攻めこまないと約束をして、この巻は終わりとなります。

 

ちなみに昔のアニメ版では、ラジェンドラに貸しを作ったアルスラーンが、シンドゥラも奴隷を解放するように頼むという違った結末を迎えます。

 

ラジェンドラは今後もちょくちょく登場するキャラなんですが、余計なことをするわりには、陽気な雰囲気なので、憎めないといった得な性格をしています。

 

実際の生活でも、こいつは今一なんだけど何か憎めないなあって人いますもんね。

ラジェンドラみたいな性格になれたら幸せなんだろうなあと思いますよ。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM